FC2ブログ

かぎまとめ:SSまとめブログ

SS速報VIP、SS深夜VIPのスレをまとめています。

About   All   RSS     SSまとめ倉庫   しぃアンテナ(*゚ー゚)   SS森きのこ!   SSなSPECIAL   SSまとめアンテナ   ワロタあんてな   SS速報VIP
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05


スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加 この日記のはてなブックマーク数 にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ 人気ブログランキングへ

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

少女「抱っこをご所望です、おにーさん」 男「困った」 

このエントリーをはてなブックマークに追加 この日記のはてなブックマーク数 にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ 人気ブログランキングへ

カテゴリ: 男・女・兄弟・姉妹など

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1334406092/


1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:21:32 ID:JxphUoqg
少女「困らなくていいです。黙って抱っこ、これがかっこいいのですよ、おにーさん」

男「いや、幸か不幸か俺はかっこよくないので抱っこしません」

少女「私は目がおかしいのでおにーさんがかっこよく見えます。だから抱っこしてください」

男「くそぅ、この娘はちっともくじけやしねえ。しょうがない、おいで」

少女「執念の勝利です! えやっ」ポフリ

男「はいよしよし」ナデナデ

少女「なでなでまで! これは嬉しいサプライズですよ、おにーさん! ナイスガッツ!」

男「はいはい」ナデナデ


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404886419X/hookey-22/
2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:22:04 ID:JxphUoqg
少女「はふぅ。おにーさんのなでなでは格別ですね。一生なでられていたいです」

男「そんなことはないと思うのだけど」

少女「いいえいいえいいえ! そんなことはないことはないのです!」

男「ややこしい」ナデナデ

少女「はふぅ」


3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:27:25 ID:JxphUoqg
少女「つまりですね、おにーさん。おにーさんになでられると、天にも昇る気持ち、ということなのです。あ、この天にも昇るとは、比喩表現なのでそこを勘違いされると困ります」

男「そんな注釈はいりません」

少女「じゃあどんどん勘違いしたらいいじゃないですか!」

男「怒りのツボが分からん」

少女「女の子は怒りっぽいんです。カルシウムが足りないんです。骨を食べたいです、わんわん」

男「犬なの?」

少女「可愛い女の子です」

男「なるほど」ナデナデ

少女「ふにゃー」

男「猫だったか」

少女「可愛いので間違うのも仕方ないかもしれませんが、人です」

男「怪しいものだ」ナデナデ

少女「ふにゃー」


4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:32:57 ID:JxphUoqg
少女「それよりおにーさん、そろそろ私にちゅーをしてはいかがですか?」

男「意味が分かりません」

少女「ですから、ちゅっちゅぺろぺろしてはどうですか、と言ってるんです。どうでしょうか?」

男「繰り返すが、意味が分かりません。あと、何やらパワーアップしているような」

少女「女の子は無敵なんです!」

男「困ったなあ」

少女「大丈夫ですよ、おにーさん。もちろん初めてですよ!」

男「そんな心配はしてねえ」

少女「私が誰にでもキスするようなはしたない女性と御思いですか! 不愉快です!」

男「んなことは思ってねえ」

少女「謝罪の意も込めてちゅーしてください、おにーさん!」

男「これはひどい策略だ」

少女「ちゅー! おにーさん、ちゅー!」

男「ねずみですか?」

少女「どこをどう見たらねずみに見えるんですか! 人ですよ! おにーさんを大好きな人です!」


5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:37:41 ID:Ig4IDFeM
いいじゃないか、支援


6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:40:05 ID:JxphUoqg
男「それよりお嬢さん、そろそろ自分の部屋に戻ってはいかがでしょうか」

少女「おにーさんがちゅーしてくれたら帰ります」

男「はぁ……分かったよ。はい、ちゅー」

少女「はやややや!? ……って、ほっぺじゃないですか! 口にです! もう、ぶべーってくらいどぎついのをご所望です!」

男「中学生にそんなのしたら捕まりませんか?」

少女「親公認ですから大丈夫です!」

母「その通りよ、娘」コッソリ

男「ドアの隙間から……いつから見てた」

母「最初から! えろいぞ息子!」(満面の笑みでサムズアップ)

男「俺はアンタの息子じゃない。お前の母親だろ、なんとか言ってくれ少女」

少女「見てて母様、見事におにーさんを篭絡してみてます!」

男「この家にまともな奴はいないのか」


8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:49:57 ID:Ig4IDFeM
うらやま・・・なんでもない


9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:54:06 ID:JxphUoqg
少女「じゃあおにーさん、改めてちゅーしてください。それとも、親子丼をご所望ですか?」

母「初めてでそれを推薦するとは……ナイスガッツ、娘!」(サムズアップ)

少女「貴方の娘だもの」(サムズアップ)

男「あの。一応、確認したいのですが」

少女「はい! なんでも聞いていいですよ、おにーさん? ただ、一回質問に答えるごとになでなでしてもらいます!」

男「……まあ、それくらいならいいか。ええと、俺は家庭教師、なんだよね?」

少女「という体で、さらいました!」

男「だよね。なんか街歩いてたら黒い服着た人がいっぱい来て俺をワゴンに連れ込んだもの、犯罪に巻き込まれたと思ったよ」

母「私の手引き。手引き」クイクイ

男「はいはい」ナデナデ

母「うへへぇ」

少女「あー! 母様ずるい! 私も! おにーさん、私もなでなで!」

男「はいはい」ナデナデ

少女「はふぅ」


10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 21:59:46 ID:JxphUoqg
男「で、だ。なんで俺を誘拐までして家庭教師にするの? 言っておくが、俺の通ってる学校は正直自慢できるような代物じゃないぞ? 家庭教師を頼むならちゃんとしたところに頼んだほうがいいと思うのだけど」

少女「あれは、今から一ヶ月前のことでした……」

男「あ、なんか語り入った」

少女「色々あって、いま、おにーさんが私を抱っこしています。最高に幸せです」スリスリ

男「省略が過ぎる。もうちょっと具体的にお願いします」

少女「おにーさんのたくましい腕が、私を包み込んでいます。大きな手のひらが私の背中をさするたび、私の心は」

男「いや、その具体性はいらない」

少女「おにーさんのいけず……」

男「おたくの娘さんはちょっと頭悪いですね」

母「学力はすごいザマスよ?」

男「母親も頭悪かったか」


12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:09:50 ID:JxphUoqg
男「じゃなくて、一ヶ月前に何があったか聞きたいのだけど」

少女「そこまで言うなら仕方ありません。特別に教えてあげます。だからなでなでしてください」

男「……まあいいか」ナデナデ

少女「はにゃー。次、ちゅー」

男「いや、いいです」

少女「おにーさんのいけず……。まあ、なでなでしてもらったし、いいです。今回は我慢します。今回だけです。次はないですよ、おにーさん?」

男「帰ろうかな」

少女「分かりました、素早く説明しますっ! ええとですね、一ヶ月前、私は一人で学校から帰っていました。……偉いですか?」

男「いや、普通だろう」

少女「えええっ!? お供も一人もナシで、しかも、徒歩ですよ!? こんな偉業を成したのに、褒めないんですか!? おにーさんの鬼!」

母「そうよ! 男さんの鬼! 悪魔! 三段腹!」

男「別に太ってねえ。で、続きは?」


13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:14:45 ID:JxphUoqg
少女「私のトーク力におにーさんはメロメロですよ、母様!」

母「やるわね、娘! このまま喋りの力をつけて、将来はひな壇で頑張るのよ!」

少女「折角の激励ですが、私は芸人になるつもりはないです……」ションボリ

母「私も娘が芸人なんかになられたら悲しいわ……」ションボリ

男「帰りてえ」

少女「安心して、母様! 私、将来は、おにーさんのお嫁さんの予定ですから!」ドヤッ

母「まあ! じゃあ私は二号さんね!」ドヤッ

男「こっち見んな」

少女「……母様、殺し文句なのに、おにーさんはちっとも嬉しそうじゃないです」

母「解せぬ」

男「なるほど、母子揃って頭悪いのか。可哀想だな」


14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:18:47 ID:uxuaeZaY
母娘のテンションが好き

これは私塩


15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:24:38 ID:JxphUoqg
少女「こほん。冗談はここまでです」

母「ええっ!?」

男「お前の肉親が真顔でええって言ってるけど、いいのか」

少女「……一ヶ月前、私は一人で学校から帰っていました」

男「無視か。いい選択だ」

母「くすん」

少女「いつもは車で優雅極まりなく帰っていたのですが、たまには庶民の気持ちを味わうのもいいと思い、徒歩で帰宅してみました」

母「帝王学ね! レッツラーン庶民!」

男「頭悪くても金持ちになれるんだな」

少女「……しかし、ここでとあるトラブルが。あ。……とある黒髪少女の揉め事(トラブル)が」チラチラ

男「言い直すな。こっち見るな。期待するな。揉め事と書いてトラブルと読ませるな」

母「れーるがん!」キラキラ

男「あの笑顔が腹立つ」


16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:36:30 ID:JxphUoqg
少女「暴走自転車が歩道を暴走しており、私はそれに巻き込まれて思わずこけてしまいました」

母「※犯人はあとで黒服が秘密裏に処分しておきました」

男「あれ? この家ヤバいの? ヤのつく職業?」

少女「そこへ颯爽と現れたのが……誰あろう、おにーさんです!」

母「ひゅーひゅー! かっこいいぞ、男さん!」パァン

男「囃し立てるな。クラッカーを鳴らすな。至近距離で俺に向けるな」

少女「紙くずまみれでも素敵です、おにーさん!」

男「いや、嬉しくない」

母「いいえ! よく見なさい、娘! こんな紙くずまみれの男なんて、どこがかっこいいの!」

少女「はっ……! 確かに。みすぼらしいばかりで、ちっともかっこよくないです! 恋心で眼が曇ってたわ。ありがとう、母様!」

母「分かってくれて嬉しいわ、娘!」

男「何も悪いことしてないのに、どうしてここまで悪し様に言われなければならないのか」

少女「大丈夫! 紙くずはみすぼらしいですけど、おにーさんは素敵です!」

母「ちぃっ! 騙しきれなかったか! あわよくば娘の恋心をなくし男さんをもらおうと思ったのに!」

男「早く帰りたい」


17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 22:49:23 ID:JxphUoqg
少女「母様は後で詰問するとして、私はこけて膝を擦りむいてしまいました」

母「ドジっ子萌え、ね! 萌えるぞ我が子!」スリスリ

少女「ひゃああ」

男「…………」

少女「……母様。おにーさん、ちっとも喜んでないみたいです」

母「百合属性はないのかしら。……否! もっとドギツイ絡みをすれば、開花するかも! 覚悟はいい、娘?」

男「おいそこ、客の前で親子で絡むな」

少女「いや、私はおにーさんが好きなんでそういうのはちょっと」

母「普通に断られた!? 冗談なのになんだかちょっとヘコむわね……」

少女「閑話休題、そこに現れたおにーさん! おにーさんは私に優しく語りかけます」

母「なんつった!? なんつった!?」

男「母親の合いの手がウザすぎる」

少女「『あー……大丈夫か?』……って。きゃーきゃーきゃー!」ジタバタ

母「きゃーきゃーきゃー! 何がきゃーか分からないけどきゃーきゃー!」ジタバタ

男「そこの二人、暴れるのは百歩譲っていいとしても、せめて俺から離れてくれ。手や足が思い切り顔に当たって痛いのだが」


18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 23:01:14 ID:JxphUoqg
少女「おにーさん、クール……!」

母「ラジカセで喋るくらいクールね、男さん……!」

男「少女はともかく、母の方は明らかに馬鹿にしてるだろ」

母「?」

男「女じゃなかったら殴ってる」

少女「折角おにーさんが声をかけてくれたのに、異性に慣れていない私は、怖くてうつむいてしまいました」

母「それでなくても怖いのに、基本的に無表情だからね、男さん!」ツンツン

男「言うな。気にしてるんだ。頬を押すな」

少女「母様ずるいです! 私もふにふにしたいです! と、というわけで、えいえいっ」ツンツン

男「……はぁ。満足いただけましたでしょうか、お嬢様」

母「まあまあね」

男「お前じゃねえ」

母「なんと」


19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 23:09:01 ID:JxphUoqg
少女「…………」ソーッ

男「はいそこ、なに顔を近づけてるか」

少女「はうあっ!? ち、違うんですよ!? ほっぺ、ほっぺですから! ほっぺにちゅーしようとしただけですから!」

母「つまり母たる私に男さんの口を残してくれたのね! 娘の心遣いに感謝し、いざ覚悟、男さん!」

男「いや違うだろ」

少女「いくら母様でも、おにーさんだけは譲れません!」

母「まあ! あんなに気弱で私に歯向かうなんて考えられなかった娘が……子供の成長って嬉しいものね、男さん?」

男「俺も扶養されてる身なんで、分かりません」

少女「今日からはおにーさんは私が養ってあげますねっ♪」

母「超☆ヒモ宣言、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

男「つっこみが追いつかねえ」


20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 23:12:50 ID:ZbzEkPhQ
なにこれ大好物です支援


21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 23:21:44 ID:JxphUoqg
少女「はや、またしても脱線してしまいました。どこまで話しましたっけ?」

母「男さんが娘を穴奴隷にしたところまでね」

少女「ああそこまででしたか。……あっ、穴!?」

男「そこ、しれっと娘に嘘をつくな。あと、つくとしても、もうちょっとマシな嘘にしろ。中学生にする嘘じゃねえ」

少女「……? おにーさん、あなどれい、って何ですか?」クイクイ

男「ほらみろ、どういうわけか俺に被害が来た。助けてください」

母「あのね、娘。穴奴隷っていうのは娘の穴という穴に」

男「待て。短い付き合いだが、全部言いそうな気がしてならない」

母「見事な慧眼ね、男さん。その通りよッ!」(サムズアップ)

男「なるほど、やっぱコイツ馬鹿だ。ええとな、少女。それはまだお前が知らなくていいことだから、気にしないでくれるとありがたい」

少女「はぁ……。よく分かりませんが、おにーさんがそう言うなら気にしませんっ!」

男「よし。偉いぞ」ナデナデ


22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 23:22:52 ID:JxphUoqg
少女「よく分かりませんが、なでなでしてもらって大喜びです! うにゃにゃ!」

母「うにゃにゃ(笑)」

少女「お、おにーさん、母様がいじめます……」(半泣き)

男「よしよし、泣かない泣かない。そこ、娘をいじめるな」ナデナデ

母「いや、あんまりにも可愛くて。男さんも分かるっしょ?」

男「……まあ、否定はしませんが」

少女「お、おにーさんがいじめたいと言うなら、我慢します。泣きません」(半泣き)

男「もう半分泣いてるじゃねえか! あーもう、嘘だよ。いじめないよ」ナデナデ

少女「きゅー……」

母「きゅー(笑)」

少女「お、おにーさぁぁぁぁん……」(半泣き)

男「ああもう、ああもう」


26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 00:17:53 ID:8IsYLi9E
(つ・ω・)つ


29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 07:48:48 ID:CA2LrCwQ
>>26だっこ神拳‥‥だと? まだ使える者がいたのか


30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 14:43:40 ID:sk7FLt6Y
>>29
そうらしいな……俺もまだまだだよ……



33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 21:56:38 ID:MBG/mWuc
男「それで、話の続きは?」ナデナデ

少女「おにーさんになでてもらい、折れた気持ちを立て直しました。……偉いですか? 好きになりましたか?」

男「前者は肯定、後者は否定」

少女「母様、おにーさんが私を蛇蝎の如く忌み嫌います」(半泣き)

母「男さんは私の熟れた肉体が目当てだからしょうがないわよ」

男「違うッ! つーか色々間違ってる! 順番に正していこう。まず、俺は別に少女を嫌ってなどいない。次に、俺は母さんを狙ってなどいない。最後に、母さんは熟れてない。なんだそのロリ体型。本当に人の親か」

母「ほほほ。よく姉と間違われますわ」

少女「おにーさんは、おっぱいが大きい方がいいですか?」

男「いいえッ! ……いや、今はそんな話などどうでもよくて」

母「とんでもない反応速度だったわね」ヒソヒソ

少女「おにーさんはおっぱい小さいのが好きなんですね。……よかったです」ヒソヒソ

男「すげぇ、一向に話が進まねえ」


34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 21:57:42 ID:MBG/mWuc
母「聞こえないフリしてるわね……思ったよりタフな精神してるわね」

少女「そんなところも素敵です……」キラキラ

男「なんでもいいのか」フニフニ

少女「ひゃああ。お、おにーさん、ほっぺふにふにしないでください」

男「む。母さん、この娘さん可愛いですね」

母「こっちも年甲斐もなく可愛いと噂よ? やってみ?」

男「…………」(不承不承つんつんと)

母「ヒャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!」

男「怖え! それも尋常じゃなく怖え!」


36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 21:58:00 ID:MBG/mWuc
少女「お、おにーさん、母様に悪魔が、悪魔が!」ガタガタ

男「ほらみろ、あまりの恐怖に少女が震えてるじゃねえか!」

母「嗜虐心をそそるわね! 性別と血の繋がりがなければどうかしてるわ!」

男「本当にどうかしてる。こんなのが親で可哀想だな」ナデナデ

少女「はぅぅ。で、でも、おにーさんになでてもらえるので、プラスマイナスぜろです」ガタガタ

男「まだ震えてるじゃねえか。よしよし」ナデナデ

少女「はぅ。はぅぅ。……はふぅ。落ち着きました。ありがとーございます、おにーさん」ペコリン

母「私のナイスアシストを褒めてはどう?」

男「はい偉い偉い」ナデナデ

母「片手間ね!」キラキラ

男「喜ぶな」


37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:17:21 ID:MBG/mWuc
少女「おにーさんのなでなでにより落ち着きを取り戻した私は、話を続けます」

男「やっと本筋に戻った」

母「混ぜっ返す? 得意よ?」

男「頼むから口を挟むな」

少女「こほん。……んと、どこまで話しましたっけ?」(小首をこてりと)

男「うん、可愛い」ナデナデ

少女「はやや。ち、違います、違いますが……嬉しいと感じてる私が確かにいます!」

母「じーっ」キラキラ

男「いや、そっちには別に何もするつもりないですよ」

母「ちいいっ! ダメだダメだ、やはりロリコンはダメだ! というか、私だって結構ロリ体型なのに! もっと私をちやほやしなさいよ!」

男「人を勝手にロリコン呼ばわりするな」

少女「おにーさんは、ロリコンさんなのですか?」

男「い、いいえ、違います」

母「一瞬の躊躇を見逃す母ではない! この男……確実に、ロリコンね! 自室には緊縛された小学生や中学生が両手の指ほどいるに違いないわ!」

男「いねぇよ。どんな大悪党だと思われてんですか。というか、仮にロリコンだとしても、犯罪をおかす度胸なんてないですよ」


38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:18:31 ID:MBG/mWuc
少女「そうです! おにーさんは優しい人なので、犯罪なんて絶対にしません!」

男「あ、そういや今日信号無視した」

少女「お、おにーさぁん……」(半泣き)

男「はいよしよし」ナデナデ

母「犯罪をおかすだなんて……人として恥ずかしいわ!」キラキラ

男「また嬉々として……はいはい、すいませんね」

母「いいえ、許せないわね! 警察に通報されたくなかったら、私を褒め称え、あとついでに私もなでなさい!」

男「代わりに娘をなでることで許してもらえないでしょうか」ナデナデ

少女「はぅ、はぅぅ」

母「……うん! 面白いから可!」

少女「面白い!? 私は見世物じゃありません、母様!」

男「そうだな」フニフニ

少女「ひゃああ。ほ、ほっぺふにふにしないでください」

男「……いや、見てて楽しいから見世物かも」

少女「がーん!」


39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:42:22 ID:MBG/mWuc
男「それで、話の続きだが」

少女「……つーん、です。いじわるなおにーさんなんて知りません。つんつーん、です」

男「少女に嫌われたショックで母親の方に走りそうだ」

母「お、私の出番か。よし、どんなプレイする? 母乳プレイ? ただ、出ないからまず孕まして頂戴な」

少女「!!? だ、だ、だ、ダメですッ! 私の、おにーさんは私のですっ! 母様にだって譲りませんッ!」ギューッ

男「冗談だ、冗談。つーかなんで歓迎ムードなんだ母親。あと、プレイの内容が酷すぎます」

母「いや、義母モノのエロゲってやったことないから、適当な想像で言ってみたもので。で、どう? 合ってる?」

男「知りません。というか、そういうのするんですね……」

母「部下が優秀すぎて、基本的に暇なの!」

男「どんな役職に就いてるか知りませんが、そのうち更迭させられそうですね」

母「戦々恐々の日々ね!」キラキラ

男「なんで嬉しそうなんですか。……で、いつまでしがみついてるんだ」


40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:42:49 ID:MBG/mWuc
少女「え、えへへぇ……バレちゃいました。で、でも、もうちょっとだけ、いいですか? それとも、くっつかれたら嫌ですか?」

男「ああ、嫌だね」

少女「……わ、分かりました、離れます」(半泣き)

男「だから、冗談だっての! すぐ泣きそうになるなッ!」ナデナデ

少女「ぐしゅぐしゅ……おにーさんのいじわるっぷりは凄まじいです。鬼だっておにーさんのいじわるにかかれば泣いちゃいます。泣いた赤鬼です。ぐしゅ」

男「いや、その名作絵本は俺とは関係ないと思うのだけど」ナデナデ

少女「そのうち泣いた少女という絵本が出版されます。買ってください。ぐしゅ」

男「買わねーよ」ナデナデ

少女「鬼のいじわるおにーさんです」スリスリ

男「なんか俺が絵本の主役みたいになってるな」

少女「絵本カップルですね。素敵です」

男「どうかと思うが。……で、そっちはそっちで何やってんですか?」


41以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:43:52 ID:MBG/mWuc
母「え? ああ、さっきのアンタらの会話でちょっと思いついてね。ケータイで部下に指示出してたトコ」

男「……まさかとは思うが、マジで出版しようとか思ってませんよね?」

母「大丈夫! 原作者としてマージンもこのくらいあげるから!」

男「断言していいが、ぜってー売れねーからやめといた方がいいです」

母「それはどうかしらね?」

少女「おにーさん、なでなでが止まってます。断固抗議します」

男「ああはいはい」ナデナデ

少女「はぅぅ」


42以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 22:53:59 ID:cfANF4sY
すげえ、びっくりするほど話が進んでねぇ。
でも面白いから④



43以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 23:07:49 ID:MBG/mWuc
少女「はふ……。少しだけ満足しました。ので、お話を続けてあげます。でも、あとでもっかいなでてください。抱っこもしてください」

男「分かった、分かったから」

少女「えへへ。元気いっぱいです! んと、おにーさんが私に大丈夫か、と問いかけたところで話はすとっぴんぐしてます」

母「誰のせいよ!」

男「主にアンタのせいだな」

母「特技はセクハラと話の腰を折る、です!」

男「はいはい」

少女「おにーさんに声をかけられた私は、怖くてうつむいてじっとするしかできませんでした。足を怪我しているので、走って逃げることもできません。このままさらわれてしまうかも、という疑念が脳裏によぎります」

母「こんな可愛い娘をさらおうだなんて……この鬼! 悪魔! むっつり! ロリコン!」

男「言いがかりだ」

少女「その時、おにーさんが私の手をとり、どこかへ連れて行こうとしました」

母「やっぱり! 薄い本の展開ね! 待ってました!」

男「待つな。お前の娘だろうが」

少女「嫌でしたが、私の力では抵抗することもできず、ふらふらとついていくしかできませんでした……」


44以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 23:17:57 ID:MBG/mWuc
母「ヒャッハー! D・V・D! あそーれD・V・D!」

男「見ろ少女、あれがお前の母親だ」

少女「でぃーぶいでぃー♪ でぃーぶいでぃー♪」

男「ノリノリとは」

少女「……ところでおにーさん、なんで母様はでぃーぶいでぃーって言ってるんですか?」

男「分からないで言ってたのか?」

少女「なんだか楽しそうでしたので。……ダメだったですか?」

男「いや、むしろ安心した」ナデナデ

少女「よく分かりませんが、なでなでしてもらって嬉しいです!」ニコニコ

母「説明しよう! あのね娘、DVDってのは」

男「説明するな」ズビシ

母「あいたっ。ちぇー」

少女「うふふ。おにーさんにつれて行かれた先に、大きなショッピングモールがありました。そこでおにーさんは、私にそこで待ってろ、とベンチを指さしました」

男「あー……」(なんとなく思い出してきた様子)

少女「仕方なく、私はベンチに腰掛けました。膝はズキンズキン痛みます。周りは知らない人でいっぱい。痛くて怖くて、私はまたうつむいていました」


49以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:08:57 ID:j3nvn.gI
少女「喧騒から逃れるようにうつむいたまましばらくじっとしていると、声をかけられました」

男「よし。思い出した。だから話はもう終わりに」

母「面白そうだからぜひ続きを、娘!」

少女「了解です、母様」

男「あああああ」

少女「顔を上げると、おにーさんがそこにいました。そして、『ちょっと痛いだろうけど我慢してくれ』と言いながら、私の膝を濡れたハンカチで軽く払いました」

母「ほう、ほう!」

少女「ハンカチの冷たさと怪我の痛みに、私は身を固くしてしまいます。その様子を見たおにーさんは、『痛いか? 痛いよな。ごめんな、もうちょっとだから我慢してくれ』と言いながら、ぽんぽんと私の膝を優しくハンカチで拭いてくれました」

母「ひゅーひゅー! 男さん、おっとこまえー!」

男「ふふふ。そうだろうそうだろう。じゃあもういい加減話は終わりに」

少女「そうして膝の汚れを落とすと、次におにーさんは薬局で買ったらしき真新しい絆創膏を私の膝にぺたりと貼りました。そして、『……えっと、どうする? 親御さん呼ぶか?』と、恐る恐る、だけど優しく尋ねてくださったのです」

母「ムッハー!!! 不器用萌え!」

男「きめぇ。俺きめぇ」


50以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:09:54 ID:j3nvn.gI
少女「私が首を横に振ると、『そ、そっか。……じゃ、じゃあその、もう大丈夫だよな? そ、それじゃ』と言い残し、おにーさんは颯爽と去って行きました」

母「COOL! COOLよ、男さん!」

男「颯爽というかそそくさというか、その、本当勘弁してください」

少女「その時のおにーさんは、私がお金持ちの子だということなんて知りません。なのに、おにーさんは助けてくれました。しかも、何の見返りも求めてません。自分の名前すら名乗っていないのです」

母「クールにも程があるわね! 逆に怪しいわ!」

少女「学校でもどこでも、私はこの家の子ということで、誰からもチヤホヤされていました。……もっとも、それは私という個人ではなく、この家の子、という肩書きを見ていたのでしょう」

母「うんうん。思春期特有のはしかのようなものね! そんなところも可愛いわ、娘!」

少女「そんな肩書きではなく、私そのものを見て、しかも手厚く看護してくれ、あまつさえ何の見返りも求めない。……そりゃ一発で好きになりますよ!」

男「え、なんで怒ってるの?」

少女「だってこちとらそういう経験ぜろですから! なのにあんな優しくされたら、そりゃコロっといきますよ! 悪いですか!? う、う!?」

男「いや、その、普通女の子が困ってたら助けるだろ? そりゃ最近は通報される恐れもあるが、でも……なあ?」

少女「そ、そーゆーわけで、母様に頼んでおにーさんを探してもらい、現在おにーさんは家庭教師という名目でここに拉致されたわけなんです。説明終わりです。終わったのでなでてください。抱っこもお願いします」

男「経緯は理解したので了解」ナデナデギュー

少女「ふわあ。夢心地です」


51以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:10:35 ID:j3nvn.gI
母「そして拉致から二週間が過ぎたからこんなに仲がいいのね!」

少女「説明おつー!」

男「……いや、まあいいや。そうなんです」

少女「じゃあ、今から拉致当日の話を脳内プレイバックでお届けしますか? それとも、も一度なでなでしますか?」

男「あー、じゃあ、プレイバックで」

少女「なでなでですね!」

男「いや、プレイバックの方で」

少女「な、なでなでですね!」

男「いや、だから」

少女「な、なでなでですよね、おにーさん?」(涙目)

男「ああもう、ああもう」ナデナデ

少女「押しに弱いおにーさん、素敵です♪」


52以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:18:21 ID:j3nvn.gI
少女「なでられてご満悦です。はふー」

男「そいつぁよかった」

母「私はご満悦になりたいなー?」

男「夫にしてもらえ」

母「未亡人なのー! してもらいたくてもいないのー!」ジタバタ

男「はいはい」ナデナデ

母「うひはー!」

少女「母様がきもいです」

男「しっ! みんな知ってるけど、黙っておくのが大人だよ」

少女「分かりました。心の中だけで思っておきます」

母「子の気遣いが、なんだか悲しいわ……」

少女「さて、それでは話は2週間前に遡ります。皆さん、準備はよろしいか? よろしいですね。では、ごー」


54以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:37:32 ID:j3nvn.gI
~2週間前~

男「さて。いきなり変な連中に拉致されたわけなんだが……なんだこの豪邸は」

男「(目の前に広がるは、俺の家が丸ごとすっぽり入ってしまいそうなほど大きなリビングだった。壁には見たことのある絵画が飾られており、さらに暖炉や西洋甲冑まである。床はふかふかの絨毯が敷き詰められており、俺がいま座っているソファは全身を優しく優しく包み込んでいる。そして極めつけは天井からぶら下がる金持ちの象徴、シャンデリアだ)」

男「(そこまでされたら嫌味に感じるのだろうが、どういうわけかその全てが見事なまでに調和されており、圧倒されるものの嫌悪感は感じない。ただの成金ではないってことなのだろうか)」

男「(などと感心していると、ドアの隙間から誰か覗いてることに気づいた。あ、こっち来た)」

少女「……え、えっと。あの」

男「あー。ええと、これはどういうことなのか説明してもらいたいのだけど」

少女「……う、うあ」ジワーッ

男「涙ッ!? ええなんで何も酷いことなんて言ってないのにいやしかし泣いている以上言ったのだろうごめんなさい!」

少女「…………」プルプル

男「否定!? 許してくれないの!? ああこんな金持ちに恨みを買われる覚えはないのになあ。今日で俺の人生も終わりか。つまらない人生だったなあ」

少女「……!? !!」ブンブン

男「そこまで激しく首を横に振らなくても、分かったって。ただ、できることなら、あまり痛くない方法でお願いしたい」

少女「ち、違う、違います……。あ、あの、私のこと、覚えてますか?」

男「へ? ……いや、ごめん。覚えてない」


55以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 21:47:10 ID:j3nvn.gI
少女「ふぇ……」ジワーッ

男「ああいやごめんよく思い出しますから泣かないで!」

少女「は、はい。ぐすぐす。泣きません。我慢します」

男「(こんな子、知り合いにいたかなあ……? というか、そもそも異性に知り合いなんていないような。じゃあ、一体どこで……?)」

少女「(おにーさんだ。あの時助けてくれたおにーさんが、いま、目の前に……!)」

男「(う。なんか知らんが見てる。めっちゃこっち見てる)」

少女「(……な、なんか、ドキドキしてきました。ど、どうしよう!?)」

男「(そして突然顔が赤くなってきた。なに? 興奮? 今から俺を痛めつけることを想像しての興奮か? この娘……まだ若いのに、レベルが高い!)」

男「……って、アレ? なんか、見覚えが……」

少女「!!」

男「……いや、うーん」

少女「ひ、ひんと、ひんとです。ひんとでぴんとです。……えいっ」

男「(突然その場に倒れた。何?)」

少女「う、うーんうーん。い、痛いです」

男「(そして、膝を抱えての台詞。……膝?)」


56以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:03:18 ID:j3nvn.gI
男「……ああっ!」

少女「お、思い出してくれましたか!」

男「おまえ、あの時のパンツ覗き魔!」

少女「……私は転校生ではないです。ついでに言うと、性別も間違ってます。本来なら主人公と転校生と通学路でぶつかり、その際にパンツを見られ、そしてその転校生が教卓の前で主人公に言う台詞です」

男「100点の解法ありがとう。じゃなくて、この前こけた子か。あれから膝はどうだ?」

少女「は、はい、おかげさまで、ばっちしです。犯人も闇に葬られましたし、言うことなしです」

男「(闇……?) そ、そうか、それならよかったんだ。女の子だもんな、傷が残ったりしたら可哀想だもんな」

少女「お、おんなのこ……///」

男「え、……男なのか? ということは、最近流行の男の娘? ……いや、いける!」

少女「違います。いかないでください」

男「はい」

少女「そ、その節は、お世話になりました。心より深くお礼申し上げます」フカブカオジギ

男「あ、こりゃどうも」フカブカオジギ


57以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:35:07 ID:j3nvn.gI
少女「そ、それでですね、お、おにーさん」

男「ひゃい!」

少女「ふぇっ!?」

男「あ、や、失礼。こんな可愛い子にお兄さんなんて呼ばれて気が動転した。気に障ったのなら謝る」

少女「か、かわいい……///」

男「(それにしても、何が目的で俺なんかを拉致したのだろう。お礼を言うため? わざわざ? ……なわけないよなあ。……ま、まさか)」

男「(イチャモンをつけて尻の毛までむしりとるつもりか? そこまでやってのシャンデリアなのか? 俺はこの先生きのこるのか!?)」

少女「は、はぅぅ……///」

男「(って、顔を赤くしてうつむいてはぅはぅ言ってるような子がそんなことするわきゃねーか)」

男「あ、いや失礼。話を続けてくれ」

少女「あ、は、はい。……すぅー、はぁー。……え、えっとですね、……えっと、えっと」

男「?」

少女「……あ、あぅぅ」ジワーッ

男「また涙ッ!? 一体全体どういうことか分からない俺だがとりあえず泣き止んでくださいっ!」ナデナデ

少女「は、はぐ、ぐす。……は、はい、泣き止みました。……なでてくださってありがとうございます」


58以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:56:54 ID:j3nvn.gI
男「え? ……あ、や! そ、その、突然だったので。ごめんな、触ったりして」

少女「い、いいえ、いいえ! ……お、おにーさんだったら、別に、その……」

男「いやいや。どこの誰とも知れない奴を特別扱いするのはよくないぞ」

少女「…………」

男「?」

少女「……うん。おにーさん、私の家庭教師になってくださいませんか?」

男「はい?」


59以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 22:57:48 ID:j3nvn.gI
~現在~

少女「とまあ、そんなこんなでおにーさんは私の家庭教師となり、色々あってらぶらぶなのです」

母「手を出したのね! 中学生相手に……いやらしいっ!」

男「待てそこの親子。出してねえぞ、俺は」

少女「なでなでされて、抱っこされました」

母「出してるじゃない! いやらしい……っ!」

男「え、それも手出すに含まれるの? じゃあ、はい、出しました。ごめんなさい」

少女「これはもう、結婚するしかないです! 玉の輿ですね、おにーさん?」

男「展開が早すぎる」

母「初夜は親子丼ねッ!?」

男「頼むから待ってくれ」

少女「それが嫌なら抱っこしてください。なでなでもです」

男「はぁ、まあ抱っこもなでなでも好きだからいいですけど」ナデナデギュー

少女「はぅぅ」

母「手を出した! 母は見たわよ! 家政婦も見たわよ! あとミタも見たわよ! あと何が見る!?」


60以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 23:07:15 ID:j3nvn.gI
男「知らん。見なくていいから。あとこの屋敷にいるのは家政婦じゃなくてメイドだ」

メイド「呼んだっスか?」ヒョコ

男「呼んでません」

メイド「性処理スか?」

男「呼んでねぇっつってるだろ」

少女「わ、私がするんですか?」ガタガタ

男「違う。震えるな」

母「じゃあ私ね!」キラキラ

男「断じて違う。目を輝かせるな」

メイド「じゃあやっぱ私の仕事っスね」

男「突然出てきて場を混ぜっ返すな」ギリギリ

メイド「ふぐわああ! あ、アイアンクローは痛いっス!」

母「私の特技を奪うとは……やるわね、メイド!」

メイド「だ、だけどギブだけは絶対にしないっス! 負けてなるものかっス!」

男「あ、このメイドめんどくせえ」


62以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 23:34:05 ID:j3nvn.gI
────

男「そんなこんなでやっと本編だ」

少女「今までが導入だったんですか? 長すぎません?」

男「どっかの誰かが特技を使いまくるせいでね」ジロリ

母「私のことねッ!」キラキラ

男「ダメだ、この大人は悪びれる、という言葉を知らないらしい」

メイド「知ってるうえでの行動だと思うっス」

母「流石はうちで雇っているメイド……思考レベルが高いわね!」

メイド「お褒めに預かり恐縮っス!」

男「なんかめんどくさいのが増えた気がする」

少女「それでおにーさん、本編って何をするんですか?」クイクイ

男「基本的には俺と少女とのイチャコラの話の予定です」

少女「い、いちゃこら……///」

母「親の目の前でメタ話にかこつけイチャイチャと……許せないことだわ! 混ぜなさい!」


63以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/16(月) 23:41:49 ID:j3nvn.gI
男「熟女趣味はないので、ちょっと」

メイド「褐色巨乳メイドなんかはどうっスか?」ボインッ

男「男なんでおっぱいには憧れますが、それもちょっと」

少女「こ、黒髪ぱっつんの中学生なんかは、ど、どうですか……?」クイクイ

男「あ、大好物です」ナデナデ

少女「あ、あぅぅ……///」(自分で言って照れちゃった様子)

母・メイド「「ぶーぶー。ひいきひいきー」」

男「そりゃあ、ねえ?」ナデナデ

少女「じ、次期当主として、ひいきされるのには慣れないといけないのです。あと、抱っこもしてほしいです」

男「はい」ギュー

少女「天にも昇るとはこのことです! 昇天しそうです!」

男「え、幽霊なの?」

少女「お化けじゃないです。お化けは怖いです」

男「そうだな。お化けは怖いな」ナデナデ

少女「です」


69以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 21:22:16 ID:m403o496
────

男「そんなある日のこと」

男「今日は朝から天気がよかったので花見でもしたいな、となんとはなしに朝食の場で言ってみた」

男「すると昼には庭に花見の準備ができていた。出来たメイドもいたものだ」

男「庭……にわにわにわにわとりがにわ」

少女「お、おにーさんが、おにーさんが!」ガタガタ

母「下がって、娘! 男さんはもう私たちの知ってる男さんじゃないの!」

メイド「ううう……せめて、せめて私の手で成仏させてあげるっス!」チャキ

男「早口言葉を言っただけだ。だからその手の無骨に黒光りする日本では所持が許されていない銃器を下ろしてください」

母「騙されちゃいけないわ! そうやって油断させるのが奴らの常套手段よ!」

男「誰だ、奴らって」


70以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 21:28:47 ID:m403o496
少女「それじゃおにーさん、突発的花見大会の始まりです」

男「ああ、そだな。庭に桜があるってのはいいな」ナデナデ

少女「です」

母「あれ? もっとやんないの? 遊んでよ娘ー」

メイド「もう聞いてないようっスよ」

少女「じゃじゃーん」

男「おお、お重」

少女「私が作りました。……と言いたいところですが、メイドさんにほとんど作ってもらいました。私はちょこっとしか手伝ってません。……不器用なこの手が憎いです」

男「手伝おうとする意思が尊いの。まだちっこいんだし、頑張ればグングン上達するさ」ナデナデ

少女「……♪」スリスリ

母「親の目の前で口説いてるわね」

メイド「見上げた根性っス!」

男「別に口説いてはいません」

少女「困ります。口説いてください」

男「えー……」


71以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 21:43:15 ID:m403o496
少女「今ならどんな落とし文句でも落ちる保証付きです」

男「んー……じゃあ、月が綺麗ですね?」

少女「みーとぅー」ギュー

男「落ちた」

少女「というか、既に落ちていますので、何を言われようが変化ないです」

男「なるほど」ナデナデ

少女「んふー」

母「はいはい、イチャイチャするのもいいけど、そろそろご飯にするわよ。いい加減お腹空いて死にそうだわ」

メイド「準備は既に整ってるっス! 有能なメイドと褒めてもいいっスよ?」

男「このメイドさんは有能でおっぱいが大きくて素敵だなあ」

メイド「そ、そんな褒めても何も出ないっスよ……もー! 男さんは! もー!」バンバン

男「痛い痛い。背中を叩くな」

少女「…………」ムニムニ

男「いや、小さい方が好きですから。難しい顔して自分の胸触らなくても大丈夫かと」

少女「じゃあ全く問題無いです」


72以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:02:43 ID:m403o496
メイド「私とのことは遊びだったっスね……しくしく」

男「始まってもいません」

母「したの!? シたのね!? この益荒男!」

男「してねぇ」

少女「おにーさん、おにーさん。私の隣に座ってください」ポフポフ

男「ん、了解」

母「ちっ、びくともしないわ。つまんないの」

メイド「はいはい、それじゃご飯にするっスよ。一番上の段がおかずの層っス。煮物や玉子焼き、天ぷらなどがひしめいてるっス!」

メイド「そして二段目がご飯の層っス。ちらし寿司とおにぎりが半分ずつあるっスから、好きな方を食べて欲しいっス!」

メイド「とどめの三段目がデザートの層っス! まんじゅうをいっぱい作ったので、食後にゆっくり食べて欲しいっス!」

男「いや、本当に有能なメイドさんだ。よくもまあ短時間でこれだけ作ったものだ。すごいすごい」

メイド「そ、そんな、私の仕事っスから……そ、そんな真面目に褒める必要ないっスよぉ///」

母「今日もフラグ建設お疲れ様ね!」

男「物理的に説得してえ」

少女「(……今日からお料理も勉強しよう)」


73以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:20:09 ID:m403o496
メイド「さあさあ、遠慮せずに食べるっス! 奥様も、ささ」

母「笹!? 誰がパンダだってのよ!」

メイド「ひぃ!? だ、誰もそんなこと言ってないっス!」

男「まだ飲んでもいないのに絡んでるのか。メイドさんも災難だなあ」

メイド「見てないで助けるっスよぉ!」

男「そうしたいのは山々なんだが、少女が俺の膝の上に乗っており、動けないんだ」

少女「気がつくと移動してました。助けられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです」チョコン

メイド「なら一刻も早く下りるっスよぉ!」

少女「おにーさんに後ろから抱っこされてると、幸せで幸せで動けなくなっちゃうんです」

男「なら仕方ないな」

メイド「仕方なくないっス! へるぷみーっス!」

母「特に竹やぶがいいわよ!」


74以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:43:04 ID:m403o496
少女「おにーさん、おにーさん。まずはおにぎりなんてどうですか?」

男「お、いいな。いただくよ」

少女「んしょ……あの、これ、私が握ったおにぎりです。……食べていただけますか?」

男「もちろん! 怪獣モチロンさパパ!」

少女「はい?」

男「じゃあ、いただきます」

少女「え、あ、はい。……え?」

男「はぐはぐ」

少女「どきどき」

男「はぐはぐ……ごくん。ん、おいしい」

少女「ほっ……。どきどきしました。おいしいと聞いて安心しました。……それが嘘でなければ、ですけど」

男「というか、おにぎりをまずくするなんて逆に難しいだろ。塩つけて握るだけだろ?」

少女「これだから素人さんは困りものです。その絶妙な塩加減が、そしてなにより上手に握ることが、どれだけ難しいか……」

男「あ、じゃあこれは練習のたまものか」


75以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 22:43:30 ID:m403o496
少女「……ま、まあ、私は天才さんなので、練習など必要ないのですが」

メイド「うっぷ。お嬢様の失敗作を食べ過ぎて、思わずげっぷが出ちゃったっス。失礼したっス」

少女「……母様、ごー」

母「おっす! オラ、母! いっちょ(性的な絡みを)やってみっか!」

メイド「ひぃぃぃぃ!!?」

男「酷くない?」

少女「当然の罰です」

男「でも、まあ、頑張ったんだな。偉い偉い」ナデナデ

少女「…………///」

母「……いけない、冗談なのになんか燃えてきた。百合もアリかも!」

メイド「ナシっス、全力でナシっス!」


77以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 23:41:35 ID:m403o496
男「んじゃ、次は少女が食べる番だな」

少女「私はいいです。おにーさんが食べてください」

男「俺はさっき食ったからいーの。少女も食え食え」

少女「……じゃあ、その。……食べさせてください」

男「えっ」

少女「おにーさんに食べさせてもらうと、おにーさん菌がついておいしさ栄養度共に1.5倍にあっぷします」

男「菌とか言うとマイナスのイメージがありませんか? というかそもそもそんな菌存在しないような」

少女「とにかく、おにーさんに手ずから食べさせてもらいたいんです。仲良しな感じで食べたいのです」

男「……な、なるほど、分かった。んじゃ、何がいい?」

少女「なんでもいいです。おにーさんに食べさせてもらう、ただその一点のみが重要なのです」

男「ええい、恥ずかしいことをしれっと。じゃあこの玉子焼きでいいな?」

少女「はい、問題ありません。じゃあ一度それを咥えてください」

男「嫌な予感しかしないので断ります」

少女「大丈夫、よいことしか起こりません。それを私が食べ、そのついでにおにーさんにちゅーするだけです」

男「俺の予感が的中だ」


78以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 23:41:58 ID:m403o496
少女「大丈夫、ちゃんと舌も入れます。がんばります」

男「頑張らなくていい」

メイド「男さんはヘタレっスね」

母「むしろち○この上に玉子焼きを乗せるくらいのことはしてほしいわね」グビグビ

男「そこの酔っぱらい、娘の教育上よくないので存在しないでください」

母「あそこの婿養子に死ねって言われたあ! うえええん! メイドちゃん、慰めて!」

メイド「ああはいはい、泣かない泣かないっス」ナデナデ

男「まだ結婚してねえ」

少女「私が今13歳だから……あと3年の我慢ですよ、おにーさん」

男「えっ」

少女「それまでは、私の瑞々しい肢体を堪能していてください。婚約者の特権です」

男「え、あれ、婚約したっけ?」

少女「この家におにーさんを呼んだ時点でしてます。私内部で」

男「それは一般的にしてない、と言います」ナデナデ

少女「むう」


81以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 00:58:50 ID:9AbXtmQI
またぬらぬらしてきました④


82以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:09:48 ID:K9FeWvVY
少女「しょうがありません。若さをウリに、おにーさんを篭絡してみせます。手始めにお風呂DEスク水、なんていかがでしょうか?」

男「どうかと聞かれると、その、想像しただけで大変ですよ? ……いやそうじゃなくて。別に婚約が嫌とかそういう話じゃなくてだな」

少女「早速今日にでもおにーさんの背中を流してあげます。大喜びですか、おにーさん?」

男「はいッ!!! ……いや、だからそうじゃなくて」

母「ここまで腹の底から響く声、久しぶりに聞いたわ」

メイド「男さん、性欲に思考を奪われてるっス」

男「だってスク水とか言われたらしょうがないじゃないですか!」

母「うわぁ。ちょっと引くわ」

メイド「流石にキモいっス」

男「ちょっと本音を出すとこれだ。これだから現実ってのは嫌なんだ。やはり二次元に走るべきか?」

少女「じゃあ、スク水で背中を流すのはやめますか?」

男「たまには現実もいいよね!」ギュー

少女「ぶい」

母「メイドちゃん、一応男さんの行動監視しといてね。ちょっと不安になってきたわ」

メイド「お任せっス!」


83以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:10:34 ID:K9FeWvVY
男「将来の親が監視をつけてきた。どうしよう」

少女「母様が将来の親ということは……わ、私は、将来のお嫁さんですか?」

男「え、あ、そうなりますね」

少女「……え、えっと。ふつつかな娘ですが、よろしくお願いします」ペコリ

男「え、あ、こちらこそよろしくお願いします」ペコリ

少女「…………///」

男「(しまった、可愛い)」

メイド「動くなっス!」ポワワ

男「ぎゃあ! ていうか動くなって言いながら撃つな。なんだその銃」

メイド「ポワワ銃っス! かっこいいっス!」

男「…………」ヒョイ

メイド「ああっ、私のポワワ銃が!」

男「宇宙の彼方まで飛んでけー」ポーイ


85以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:33:45 ID:K9FeWvVY
メイド「あああああっ! 酷いっス、酷すぎっス! 悪逆無道っス! ねんがんのポワワ銃だったのにっス!」

男「殺してでも うばいとる」

少女「な なにをする きさまらー。……まあ、もう私はおにーさんのものなので、奪う必要などないのですが」スリスリ

メイド「私の宝をダシにイチャイチャしてるっス! 許しがたいっス!」

母「ていうかなんか男さんさー、スク水の辺りからはっちゃけてない?」

男「煩悩が理性を駆逐したんだろうね」ナデナデ

少女「よい傾向です♪」

母「よし! ならこの母もなでてみてはどうかな?」

男「あ、それは結構です」

母「なんでよ! こう言っては何だけど、結構ロリ体型なのよ! ……あっ! ……こほん。お兄ちゃん、なでなでして?(ロリ声)」

男「……よし。えっと、こうして……『お兄ちゃん、なでなでして?』」

母「なななんで録音なんてしてるのよッ!?」

男「金持ちの弱み、ゲットだぜ!」

少女「おにーさんの手練手管にめろめろです」

母「そこっ! 実の親が大ピンチなんだから、ちょっとは助ける素振りを見せなさいよっ!」


86以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:35:08 ID:K9FeWvVY
少女「それもそうですね。そのスマホ、私に貸してもらえませんか、おにーさん?」

男「少女の頼みを俺が断るはずないだろう。はい」

少女「ありがとうございます、おにーさん」ペコリン

母「ナイスよ、娘! さあ、さっきのデータを消しちゃって!」

少女「はい。……あ」

母「あ!?」

少女「……機械の操作は苦手なので、しょうがないです」

男「そうだな、しょうがない」ナデナデ

母「なな何したの、何したのっ!?」

少女「ちょっと間違って、おにーさんの友人全員にさっきのデータを転送してしまいました。てへ☆」

男「うむ、可愛いので無罪!」ナデナデ

少女「ぶい」ピース

母「有罪、有罪、ゆうざーいッ! 明らかに有罪! なんてことしてくれたのよ、娘! ああもう、今すぐ隠蔽工作しないと!」

少女「その必要はないです」

母「あんでよ! その友人とやらがそのデータを週刊誌とかに売ったりしたら、母のイメェジがとんでもないことになっちゃうじゃない! これでも外では有能な社長で売ってるんだから!」


87以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:48:57 ID:K9FeWvVY
少女「おにーさんに友人はいませんでしたので、転送しても無意味でした」

男「ぼっちで助かった」

母「……なるほど。二人して私で遊んでたわけね?」

男「いや、遊んでいたのは少女だけで、俺は知らなかったですよ?」

少女「おにーさんが私を売ります……」

男「俺が全て悪い。罰は俺が全て受けます!」

少女「おにーさんの愛を感じます!」

母「……じゃあ、今日から一週間、男さんだけ夕食抜きね」

男「少女も罰を受けるから半分にまかりません?」

少女「おにーさん……」ウルウル

男「俺が全ての罰を受ける! この可愛い少女に手を出す奴は誰も許さねえ!」

母「飯抜き二週間ね」

男「しまった、余計なことしたせいで増えた!」

少女「おにーさん、ふぁいとっ」


88以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 21:50:32 ID:K9FeWvVY
男「ええい、しょうがないから今のうちに死ぬほど腹に飯を詰め込むぜ! もがもがもが」

少女「たくさん食べるおにーさん、素敵です」

男「喉に詰まった。ぐええ死ぬ」

少女「青紫色のおにーさんも素敵です」

メイド「ふぅ……ようやく見つかった──って、なんで男さん泡吹いてるっスか!?」

母「もうちょっとマシな許嫁いなかったのかしらね」


89以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 22:15:05 ID:K9FeWvVY
────

男「そんな臨死体験をした夜のこと」

男「俺は一人風呂に入っていた」

男「豪邸の風呂ということで、屋内に巨大風呂が一つ、露天が一つ、とどめにサウナもついてる無双っぷり。自宅の足を伸ばせない風呂を思い出すと現実の不公平っぷりに泣きたくなる」

男「とか一人ぶつぶつ言いながら巨大風呂で泳いでると、誰か入ってきた」

少女「にゅあー」

男「猫だ」

男「ではない。鳴き声に騙される俺ではない」

少女「さすがはおにーさん、優れた洞察力です。ぱちぱちぱち」

男「えっへん。いや違う。あの、今は俺が入っていい時間だと思ったのですが。表に『男 入浴中』って札をかけてたと思ったのだけど。かけてなかった?」

少女「いいえ、かけてありました。おにーさんは毎度律儀で素敵です」

男「いや別に普通だと思うのだけど。それで、あの、なんでスク水着てるの?」

少女「? 昼にお風呂で背中を流す、と言ったと思ったのですが……」

男「え、あれマジだったの?」

少女「……迷惑、ですか?」


90以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 22:30:19 ID:K9FeWvVY
男「いいえいいえいいえいいえ! 大喜びですよこちとら! ただ、いいの?」

少女「だいじょぶです。痛くても我慢します。なるべく泣かないようにします」

男「何か違うこと想像してませんか?」

少女「大丈夫です、愛があれば条約には引っかかりません」

男「やっぱり想像してやがった。背中を流すって話だよね?」

少女「そうです、そうです、そうでした。てへ、うっかり」

男「これを故意犯といいます」

少女「おにーさんは恋の犯人さんです。ばきゅーん」

男「違う。撃つな。ていうか、それ水鉄砲かと思ったら、ポワワ銃か。なんで持ってるんだ。メイドさんのだろ?」

少女「ここに来る前に、押し付けられました。水場でも使える万能銃らしいです。『いざというときはフルパワーで撃つっスよ?』とはメイドさん談です」

男「人のことをまったく信用してねえなあ、あのメイド。いつかあのおっぱいをほひんほひんにしてやる」

少女「その練習として、私のおっぱいをほひんほひんにしますか?」

男「するほど量がないので結構です」

少女「残念なことこのうえないです……」

男「いやまったく。じゃあ俺はこの辺で」


91以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 22:39:38 ID:K9FeWvVY
少女「すとっぷです。まだ私のたーんは終わってません」

男「ちぃっ!」

少女「……それとも、私に背中を流されるのは、嫌ですか?」ションボリ

男「是非お願いします」

少女「流れるような動きで椅子に座るおにーさん、素敵です」

男「お前はあんまり悲しそうな顔をするな。すぐに迎合しちゃうんだよ」

少女「今日もおにーさんは優しくて素敵です」

男「ヘタレなだけだよ」

少女「そんなことないです。……はい、じゃあ背中流しますね。わっしわっし」

男「もっと力入れても大丈夫だぞ」

少女「はい。わっし、わっし、わっし」

男「あー、もっと入れられるか?」

少女「へ、へっちゃらです。わっし……わっし……わっし……!」

男「あ、あのー……うん、丁度いいです」

少女「背中の皮を削ぐ勢いでやってやりますよ! わっしわっしわっしわっしわっし!」


92以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 22:48:35 ID:K9FeWvVY
男「あ、うん。本当にこのくらいで大丈夫だ」

少女「はぁはぁはぁ……ぜ、全然疲れてません」

男「聞いてねえ」

少女「つ、疲れてませんが、ちょっとだけ休憩します。大人の女は焦らすのが上手なのです」

男「別に身体洗うのを焦らされてもなあ」

少女「じらーす。がおー」

男「あ、可愛い」ナデナデ

少女「焦らすと言うと、どうしても言いたくなる衝動を抑えられないのです。じらーす。がおー」

男「可愛い可愛い」ナデナデ

少女「がおんがおん」フリフリ

男「尻を振るな」

少女「しっぽがないので、苦肉の策です」


94以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 23:21:42 ID:K9FeWvVY
少女「じゃあ、次はお腹側を洗います」

男「ああ、いや、こっちは自分で洗うから大丈夫」

少女「だいじょぶです。前も私にお任せです。おまかせ退魔業です」

男「いや本当に! こっちは防具がタオルしかないのでちょっと色々問題が!」

少女「私の水着で隠しますか?」シュルリ

男「隠さない! 脱ごうとするなッ! ほらほら、肩紐戻しなさい!」

少女「ちぇ」

男「はぁ……と、とにかく、どうしてもと言うのなら、上半身は洗ってもいい」

少女「どちらかと言えば、おにーさんの下半身に興味津々です」

男「そっちはマジ勘弁してください」

少女「残念無念です。しょうがないので、上半身だけで我慢してあげます。代わりにあとでなでてください。抱っこもしてください。あ、ちょうどお風呂ですし、一緒にお風呂に入ってください」

男「あー、まあ、それくらいなら」


99以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:38:48 ID:/BHKkhjM
少女「じゃあ、今から洗いますね。うんしょ」

男「待て」

少女「突然の犬扱いに驚きを隠せません。わんわん?」

男「違う、そんな扱いはしてない。しつけではない。単純に待ってくださいと言ったのです」

少女「分かりました、待ちます。私待ちます。私待ーつーわ」

男「歌わなくていいです。じゃなくて、なんで俺の膝に乗るの?」

少女「具体的に言うと、おにーさんの膝の上にまたがり、おにーさんと相対しています。とても近くにおにーさんがいて、少しどきどきします」

男「説明ありがとう。いや、それで、なんで乗ってるの?」

少女「おにーさんの身体を洗うためです」

男「……風俗?」

少女「うっふんうっふん」

男「ポーズ作らなくてもいいです」

少女「篭絡できません……」

男「もうすでに篭絡してるからしなくてもいい」

少女「おにーさんはすぐに私を喜ばせるので注意が必要です」


100以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 21:48:00 ID:/BHKkhjM
男「勝手な話だ」

少女「じゃあ、準備しますね」

男「待って。いやそれも待って」

少女「はい? それも、とは?」

男「なんで水着にボディーシャンプーかけてるの。なんで泡立ててるの」

少女「さっき使ったタオルを紛失してしまいました」

男「そこに落ちてる」

少女「えい」ポワワ

男「タオルがポワワ銃で消し炭に!?」

少女「紛失しました」チャキ

男「はい。だからこっちに銃口向けないで」

少女「分かればいいんです」ワシャワシャ

男「ああ。どんどん泡立っていく。ああ」

少女「準備完了です」

男「あああああ」


101以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:03:05 ID:/BHKkhjM
少女「せーの、とうっ」ピトッ

男「ひぃっ」

少女「……困りました。思ったより恥ずかしいです」

男「んなもんする前に分かれ。と、とにかく、恥ずかしいのなら早くここからどいて」

少女「しかし、今の私はおにーさんのタオルなので、恥ずかしさを介している暇などないのです」ゴシゴシ

男「動かないで!」

少女「んしょ、んしょ。……どうですか、おにーさん?」ムニュムニュ

男「おっぱいが、おっぱいが! ちっこいおっぱいが明らかに当たってます!」

少女「あててんのよ、です。……あの、気持ちいいですか?」

男「はい! いやあの、何を聞いてんだ」

少女「……私の胸はまだ小さいので、おにーさんを満足させられるか、不安なのです」

男「不安は無用、そういうのが大好きですから。……いやだから、俺も何を律儀に答えてるんだ。あのさ、今からでも遅くないからここからのいて」

少女「そういうことなら頑張ります。んしょんしょ」ムニムニ

男「だから! ああおっぱいが、おっぱいが!」

少女「ああ窓に、窓に! みたいですね、おにーさん」


103以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 22:18:14 ID:/BHKkhjM
男「魚面に興味はねえ。いや、だからその、ね?」

少女「直接がいいですか?」ヌギヌギ

男「違う! 脱ごうとするな!」ムニッ

少女「あ」

男「あ」

少女「……お、おにーさん、えっちです///」

男「い、いや、違くて! 極めて偶然の可能性を視野に入れる必要がありまして! 押し留めようとしただけでして! その……そう! 事故! 事故ですよ!」ムニムニ

少女「っ! ……ど、どうして揉んでるんですか?」

男「いや、手が俺の制御を受け付けなくて! くそっ、鎮まれ、俺の右手よ、鎮まれ……ッ!」ムニムニ

少女「んっ! ……ち、中二病なおにーさんも素敵ですが、そ、その。……そろそろ、手を離してもらえると、助かります///」

男「あ、は、はい」パッ

少女「……ふぅ。……おにーさん、えっちです」

男「返す言葉もないです。ごめんなさい」

男(そしてマズイ)

男(ち○こが。俺のち○こが)


104以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/19(木) 23:03:21 ID:/BHKkhjM
少女「? 何かお股に当たって……」

男(いかん!)

少女「……お、おにーさん。……え、えっちです///」

男(ばれた!)

少女「そ、そういうことは、その。……もうちょっと大きくなってから、ですね、その」

男「は、はい。仰るとおりで」

少女「で、でもそのあの、……ど、どしてもと言うのなら、ですね?」

男「は、はい?」

少女「……て、手とかでいいなら、その///」

男「いっ、いいえいいえいいえいいえ! 結構です、大丈夫です!」

少女「おっ、お口じゃないとダメですか!? ……が、頑張ります///」

男「そういうことじゃなくて! しなくていいから!」

少女「ほっとしましたが、ちょこっと不満です。むぅ」プゥ

男「頬を膨らませるない。あー……いや、しかし、妙に詳しいな。それとも、最近はこれくらい普通なのか?」


105以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 01:09:48 ID:uvi.8FzI
最高だな④


108以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:39:35 ID:4rsfgkbM
少女「私も知りませんでしたが、母様やメイドさんが教えてくれました」

男「やはりか。あの大人たちはダメな大人たちなので、あまり真面目に話を聞かないように」

少女「分かりました。私をおにーさん色に染めてください」

男「そういうことじゃなくて!」

少女「ところでおにーさん」

男「はい?」

少女「さっきはおにーさんが私のおっぱいをもみもみして身体を洗うのを中断してしまいましたので、続きをしてもいいですか?」

男「人聞きが悪い! 偶然! 事故! 触ってしまっただけ!」

少女「でも、その後むにむにしましたよね?」

男「あー。本当だ。揉んだ揉んだ。柔らかかった! ちょー幸せ!」

少女「……私を助けてくれた優しいおにーさんは、幻想だったのでしょうか」

男「あ、いや、ごめん。本当に。もうしません」

少女「私の身体は魅力ないですか?」ムー

男「どうしろと言うのだ」


109以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:40:34 ID:4rsfgkbM
少女「丁度いい感じに手を出してください」

男「難しいことを言うものだ」

少女「具体的に言うなら、なでなでしたり抱っこしたりすりすりしてください。そういうのが好きです。おにーさん大好きです」

男「さりげなく告白してくるな、この娘」

少女「忍法、秘めたる恋です」

男「告白した時点で秘めてないね」

少女「忍法大失敗です。今日から私は抜け忍です。にんにん」

男「スク水忍者か。属性がとっちらかってて、ちょっと方向性を見失ってるね」

少女「残念です……」

男「いや全く。じゃあそろそろ風呂からあがろうか」

少女「まだ洗ってる途中ですよ、おにーさん」

男「チクショウ、最大限のさりげなさで離脱しようとしたが失敗した」

少女「じゃあ引き続きおにーさんの身体を洗っちゃいますね。んしょんしょ」ムニムニ

男「ほら! ほぉら! またしても俺の轟天号がどてらいことになりそうな予感だよ!」


110以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:41:37 ID:4rsfgkbM
少女「んしょ、んしょ……おにーさん。適度な感じ、適度な感じ、ですよ?」ムニムニ

男「は、はい。……無だ、心を無に……!」

少女「んしょんしょ」ムニュムニュ

男(おっぱい柔らかいなあ)ムクムク

少女「……おにーさん」

男「心を無にするために目をつむったら、感触に集中してしまってこのざまです」

少女「今日もおにーさんはえっちです」

男「面目ない。だが、やはり女の子に抱きつかれ、小さいおっぱいを押し付けられると、やはり興奮しちゃいますよ?」

少女「そこを我慢するから素敵なんです。おにーさん、ふぁいとっ」

男「くそぅ。分かった、もう一度挑戦だ」

少女「それでこそおにーさんです。んしょんしょ」ムニュムニュ

男「冷静だ、俺は冷静だ」ムクムク

少女「ダメです」

男「困った」モミモミ

少女「んっ……ふ、普通に私のおっぱいを揉んでます。もみもみしてます。しかも両手で、です」


111以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:42:33 ID:4rsfgkbM
男「度重なる未経験の感触に、とうとう理性が次元の彼方に旅立っちゃったんだ。その結果、本能が俺を突き動かしているんだ。中学生のおっぱいはたまらないなあ!」モミモミ

少女「んうっ……お、おにーさんは変態さんです。えっちすぎです。いわば超えっちまんです」

男「いかん、舐めたくなってきた!」

少女「……ぽ、ポワワ銃の出番でしょうか」チャキ

男「ごめんなさい」パッ

少女「分かればいいのです。……それにしても、おにーさんがこんなにえっちだとは思いもしませんでした」

男「いや、俺も。自分ではもうちょっとまともだと思ってたんだけどなあ。やはり、少女が身体で俺を洗ったりするから理性が飛んじゃったのではなかろうか」

少女「私のせいですか?」

男「そ、そうは言いませんよ!? ええ、ええ! 俺が全部悪いですよ! ただ純粋に少女のおっぱいを揉んだだけですよ!」

メイド「話は聞かせてもらったっス!」

男「なんて最悪のタイミングでやってくるんだ」

メイド「奥様に命じられて脱衣場で息を殺して様子を伺ってたら、とんでもない声が聞こえたので慌てて参上したっスよ!」

男「断言する。気のせいだ!」

メイド「真っ直ぐな瞳で嘘をつかないで欲しいっス!」


112以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:43:37 ID:4rsfgkbM
男「くそっ、騙されなかったか。少女、どうにかできないか?」

少女「分かりました。おにーさんが私のおっぱいを揉んでいたことを誤魔化せる良い嘘を考えます!」

メイド「これはひどいっス」

男「少女の素直さが仇に」


────

母「話はメイドちゃんから聞いたわ」

男「メイドはどうなってもいい。だから、俺と少女だけは助けてやってくれ!」

メイド「なんで私が生贄にされてるっスか!? 今は男さんが糾弾される所っス!」

男「勢いでなんとなく誤魔化せると思ったんだけどね」ナデナデ

少女「おにーさんの誤魔化し技にどきどきです」

母「はいはい。男さん、さすがに手出すの早すぎない? 娘はまだ中学生なのよ?」

男「すでに十分えろいです。いや、中学生だからこそ、えろいのです! なんだったら小学生でもえろいです!」ドンッ

少女「か、かっこよすぎて目眩がします……///」

メイド「目が腐ってるっスよ、お嬢様!」


113以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 20:44:54 ID:4rsfgkbM
母「はぁ……まあ、婚約してるからいいっちゃいいんだけどね。でも、ちゃんと避妊はしてよね?」

男「お小言をもらうはずが、お墨付きをもらってしまった」

少女「早速しますか? お風呂でしますか?」クイクイ

男「しません」

少女「がーん。……ちっちゃいおっぱいが好きだと言ったのに。いっぱい揉んでたのに。おにーさんのばか」

メイド「一回揉んだら用済みっスか!? この鬼! 悪魔! 貧乳無双! 一揉み500円!」チャキ

男「違え。銃を構えるな。なんだ最後の金。じゃなくて、えろいと言ったが、それとエッチをするのはまた別の話ってだけだ」

少女「……私の体を気遣ってのことですか?」

男「あー、んー、まあ。その、あまり大きい方ではないからさ、お前の身体は」

少女「……大丈夫です。おにーさんならヘッチャラです」

男「少女の身体に合わせた大きさということですかね!?」(股間を押さえて嫌んなるくらい狼狽中)

少女「平均は知りませんが、そうでもないと思います。でも、今はおにーさんのそれの話ではないです」

男「なんだ。安堵の息を吐かずにはいられないよ。ほっ」

母「ねえ娘、今からでも遅くないからもうちょっとマシなのにしない? 見た目も学歴も地位も名誉もコイツより遥かに優れた婿候補なら死ぬほどいるわよ?」

少女「お断りです。私はおにーさんじゃないと嫌です」


115以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:08:09 ID:4rsfgkbM
男「聞いた聞いた? うへへへへぇ」

メイド「総合を崩しすぎっス! 気持ち悪いっス!」

少女「……一考の余地ありかも、です」

男「いかん、調子に乗ったら捨てられた!」

少女「冗談です、おにーさん。私はおにーさんをずっと好きでいますよ?」ピトッ

男「なんだ。あまりの恐怖に全身から冷や汗が吹き出したよ」

少女「じゃあ、もう一度お風呂に入る必要がありますね」

男「いやもう結構!」

少女「NOという感じの手をしてもダメです。汗をかいたまま寝たりしたら風邪をひいてしまいます。決して、もう一度お風呂でイチャイチャするために入るのではないです。……嘘ですが」

男「ああこの娘は育ちがいいから嘘をつけないのだなあ」ナデナデ

少女「温室育ちのこの身が憎らしいです」

メイド「じゃあ今度は私が一緒に入って監視するっス!」

男「え、母さんから許可はもらったのだけど、監視の必要は」

メイド「男さんのことだから、誘われたらホイホイと最後までしてしまうに違いないっス! そうさせないための私っス!」

男「なるほど、じゃあ俺は巨乳と貧乳に囲まれて風呂に入るのか。……困ったなあ!」(全力笑顔)


116以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:17:20 ID:4rsfgkbM
少女「喜びを隠そうともしないおにーさん、素敵です」

メイド「身の危険を感じるっス!」

母「……危険手当を出しておくわね」

メイド「危険!? え、なに、私孕まされるっスか?」

男「俺子供好きだから大丈夫だよ?」

メイド「いらない情報っス!」

少女「…………」ムニーッ

男「あ、いや、あの、冗談ですから頬を引っ張らないで」

少女「知りません。おにーさんのばか」ツーン

男「見た、見た!? つーんとしてる少女の可愛いこと可愛いこと!」ナデナデ

少女「お、怒ってるんだからなでないでください、おにーさん///」

メイド「なんかもうここの職場辞めたいっス」


117以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:23:35 ID:4rsfgkbM
────

男「そんなわけで再び風呂だ!」ババーン

少女「風呂です」ババーン

メイド「ううっ……なんで私までスクール水着を着なきゃいけないんスかぁ……」タプーン

男「大丈夫だ、メイドさん。スク水がそのものすごいおっぱいに押し広げられて、すごいことになってるから!」

メイド「何が大丈夫なんスか! ああもう、あんまりこっち見るなっス!」

男「断る。俺は、メイドさんのおっぱいを、見る!」

メイド「断るなあっス! そんな男らしい宣言不要っス!」

少女「浮気をしたら殺しますからね、おにーさん」

男「じ、じ、じ、じゃあ、そ、その、ふ、風呂に入ろうか」ガタガタガタガタ

メイド「怯えすぎっス! お嬢様の冗談に決まってるっス! ですよね、お嬢様?」

少女「?」

男「見たか、このイノセントな瞳を。少女は本気だ」ガタガタガタガタ

メイド「震えながら言う台詞じゃないっス! どんだけ震えてるっスか!?」


118以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:43:43 ID:4rsfgkbM
少女「びびびびび。もひとつび」ビビビビビビ

メイド「お嬢様も男さんに触って遊んでないで! ほらほら、とっとと入ってとっとと出るっスよ!」グイグイ

男「ああ押さないで押さないでもがっ」

メイド「ああっ!?」

少女「おにーさんが頭から湯船に落ちました。ぶくぶくとあぶくが出ています。下半身が浴槽からにょきっと飛び出ていて、以前映画で見た犬神家の一族のようです。……あ、あと、おにーさんの象徴が///」

メイド「冷静に説明してないで! は、早く助けるっスよ!」

男「もが……ぷはあっ! ……はぁはぁ」

メイド「だ、大丈夫っスか、男さん!?」

男「すいません真面目になりますから殺さないでください」

メイド「別に殺そうとしたんじゃないっス! ただの事故っス!」

少女「誰もその殺意を証明できませんが、ただの事故らしいですよ、おにーさん」ニヤリ

男「少女もメイドさんも俺の命を狙っている。もうダメだ」ガタガタガタガタ

メイド「狙ってないっス! ちょっとお嬢様、適当なことを言ったらダメっス!」

少女「大丈夫、私はおにーさんが裏切らない限り、酷いことをしません。信頼出来るのは私だけです。私を信じてください、おにーさん」


119以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:53:49 ID:4rsfgkbM
男「あ、ああ……そうだ、そうだな……。俺、少女を信じるよ……」

メイド「洗脳っスか!?」

男「ガ……ウガ……オレ……オマエ……シンジル……」

メイド「なんでカタコトになってるっスか!?」

男「ビビ……コレ……ナニ……? ……ナミダ?」

メイド「そして獣系と思いきや、ロボなんスか!?」

少女「ツッコミがいると楽ですね、おにーさん」

男「いや全く。んじゃそろそろ湯船に入ろうか。いい加減寒くなってきたよ」

メイド「……からかってただけスか」


120以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:59:51 ID:4rsfgkbM
────

男「ざぷーん」

少女「ざぷーん」

メイド「ふぅ。……お風呂に水着を着て入るって、なんだか不思議っスね」

男「じゃあ脱げばいいのでは! なんという名案! よし、こうなったら全員脱いで」

少女「おにーさん」

男「……って、そ、そんなわけないよね。異性がいるものね。決して怖いから意見を翻したんじゃないよ?」

メイド「将来の力関係が今から見えるようっス」

少女「おにーさんおにーさん、あぐらをかいて座ってください」

男「ん、ああ。こうか?」

少女「そです。……んしょっと」チョコン

男「やあ、膝に座るのだね」ナデナデ

少女「です」

メイド「ここまでならまあ分かるっス。仲の良い兄妹のようで一見微笑ましいっス」


123以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:12:00 ID:extZDass
少女「それじゃおにーさん、この水抜き穴に入れてください」ビローン

メイド「はいおかしい! 早速おかしいっス! どういうことっスか!?」

少女「昔のスクール水着には、こういう穴があるんです。博識です」エッヘン

男「少女は頭がいいなあ」ナデナデ

少女「褒められてご機嫌です♪」

メイド「いやいや、いやいやいや! そういうことじゃなくて! ていうかお嬢様、何を自分から誘ってるっスか!?」

少女「おにーさんの魅力に抗えず、つい。てへ」

男「かか可愛い。これは襲わずにはいられない」

少女「きゃー」(棒読み)

メイド「ひどい茶番っス。まあ仕事なんで、一応止めておくっス」チャキ


124以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:12:22 ID:extZDass
男「人にポワワ銃を向けてはいけないと習わなかったか?」

メイド「私のいた部隊では、頭と腹を撃てと習ったっス」

男「なにそのコロラド撃ち怖い」

少女「私をかばうおにーさんかっこいいです」

メイド「目を覚ますっスお嬢様! 私が自主的に男さんを狙ってるだけっス!」

男「…………」ソーッ

メイド「そこ! 目を離した隙にお嬢様の水抜き穴を広げるなっス!」

男「いや、実際に目の当たりにするの初めてで、珍しくって」

少女「もうちょっとずらすと色々見えますよ? ずらしますか?」

メイド「ああもう本当に帰りてえっス」


125以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:17:16 ID:extZDass
男「メイドさんが荒んできたので、そろそろ冗談はやめようか」

メイド「冗談だったんスか!?」

少女「私は本気でした」

メイド「お嬢様の方が危ないんスねえ……」

男「じゃ、みんなで温まろう」

少女「はい。メイドさんもこっちに来てください」

メイド「え、いや、私は別に」

少女「次期当主の命令です。来てください」

メイド「……分かりましたっス。でも、私に手を出したら殺すっスよ、男さん?」チャキ


126以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:17:43 ID:extZDass
男「任せろ、一切手を出さない!」ムニムニ

メイド「言ってるそばから出してるっス! 揉んでる、私の胸を超揉んでるっス!」

男「しまった、理性を切り離したままだった! 戻れ~、理性戻れ~」ムニムニ

メイド「な、なんでもいいから手を……んっ、手を離すっス! う、撃つっスよ!?」

男「ひぃ、怖い!」ムニッムニッ

メイド「な、なんで揉む力が強くなるっスかあ!?」

男「あまりの恐怖に手が震えてるんだろうね」ムニムニ

メイド「んっ……や、やめ……っ!」

少女「脂肪がにくいです」


128以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:24:06 ID:extZDass
母「はーい、母も混ぜ……なにこの混沌模様」

男「いかん、メイドさんのおっぱいを揉んでるところを見られてしまった。どうしよう」モミモミ

メイド「ならもう手を動かすなっス! 奥様! 助けてほしいっス!」

少女「おっぱいめ……おっぱいめ……!」

母「えーと……状況がよく分からないんだけど、どうなってるの?」

男「簡単に説明しますと、濡れた水着のメイドさんに欲情してしまったんです。浴場で欲情する、なんちて」

母「うわぁ」

メイド「それはないっス」

少女「おにーさんにはがっかりです……」

男「大不評だ」モミモミ

メイド「い、いい加減にするっス! いつまで揉んでるっスか!」

男「振り払われた。残念」

母「はぁ……まったく、貴方は娘の許嫁なのよ? メイドちゃんに手を出してどうするの」

少女「まったくです。おかんむりです。ぷんぷん」プクー


129以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:31:25 ID:extZDass
男「頬を膨らませる少女可愛い」ツンツン

少女「やんやん♪」

男「機嫌が直った」

メイド「早ッ! お嬢様、もうちょっと頑張るっス!」

少女「惚れた弱みです」スリスリ

母「しかし……貧乳は娘、巨乳はメイドちゃん、そして微乳の私。全種揃ったわね?」

男「そこは普通乳じゃないんですか」

母「そこまで思い上がってないわよ。で、どうする? 折角だし私のも味見しとく?」

メイド「奥様まで壊れてるっスか!?」

少女「ところで、どうして母様もスクール水着を着ているのですか?」

母「仲間はずれは寂しいじゃない。で、どうする?」


130以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:40:13 ID:extZDass
男「……ふむ。俺には熟女属性はない。だが、母さんは正直学生と言われても通用するほど若く見える。なんだったらメイドさんのほうが年上に見えるくらいだ」

メイド「誰が年増っスか、誰が!」ギュー

男「首を絞められると死にます」

少女「どんな時も冷静なおにーさん、素敵です」

母「顔色は紫だけどね」

男「まあ待て、誰も年増なんて言ってない。見た目通り、若いと思ってるぞ。ちなみに何歳なの?」

メイド「……何歳に見えるっスか?」

男「うわ超めんどくさい質問きちゃったよ。でもナイスガイを自認している俺は考える振りを一応しておこう。高校生くらい?」

メイド「なんかもう色々台無しっスけど、一応当たりっス」

男「やったあ! 当たりの景品をいただきます」モミモミ

メイド「んにゃあ!? も、揉んでいいなんて一言も言ってないっス!」

男「握力が鍛えられそうだ」モミモミ

メイド「人の胸で鍛えないで欲しいっス! いーから離せっス!」

男「逃げられた。残念」

少女「おにーさんは超えっちですね」


131以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:42:45 ID:extZDass
男「そうみたいだ。どうしよう、死んだ方がいいかな?」

メイド「超賛成っス! 今すぐ死ぬっス!」

少女「私の全権限を持って反対します」

母「あー……そうね、保留かな?」

男「じゃあ発表します。賛成1、反対1、保留1。それに加え俺の投票、反対に100が加わり、101対1票で、反対に決定しました!」

メイド「なんスかそれ! なんで男さんに100も票があるっスか! 横暴っスよ、おーぼー!」

男「誰かに死ね死ね言われても、最終決定権は自分が持ってるのでね」

メイド「そもそも死ぬって言い出したのは男さんじゃないっスか!」

男「過去は振り返らないタチなんだ」

メイド「ムキーっス!」

男「まあそう怒るな、落ち着け」モミモミ

メイド「にゃあっ!? い、イチイチ揉むなっス!」

少女「私もイチイチ揉んでもらいたいものです」


132以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 19:54:41 ID:extZDass
母「はぁ……こんな浮気性で、大丈夫かしらね?」

男「大丈夫。俺が愛しているのは、少女だけだッ!」キリッ モミモミ

メイド「き、決め顔でっ、決め台詞なのにっ、私の胸を揉んでる手は止まってないっス!」

少女「あ、愛している……///」

メイド「お、お嬢様! 明らかに騙されてるっス! 愛してるとか言いながら私のおっぱいを揉んでるっスよ!?」

男「いや、安心しろ、少女。メイドさんのおっぱいに対する感情はただの欲望で、そこに愛はない。俺が愛しているのは……少女だけだッ!」モミモミ

メイド「最悪も最悪っスよぉ!?」

少女「お、おにーさん……」ジーン

メイド「いやいや、いやいやいや! 感動するところなんてひとっかけらもないっスからね!? だってそう言いながらも私の胸を揉んでるっスからね!?」

男「気持ちいいんだ」ムニムニ

メイド「だからって人の胸を揉んでいい理由にはなんないっス! いい加減離れるっス!」

男「ああおっぱいが離れていく」

メイド「まったく……男さんはサイテーっス!」

男「うーん。こんな最低な俺で大丈夫かな?」


133以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 20:02:12 ID:extZDass
少女「メイドさんと母様まではおーけーとします。それ以外の女性に手を出したら去勢します」

男「は、は、は、はひ」ガタガタガタガタ

メイド「男さんの震え方と顔色がヤバイっス!」

母「締めるところは締めるわねぇ……さすがは我が娘ね!」

少女「……大丈夫ですよ、おにーさん? 浮気しなければ大丈夫なんですから。それに、普段の処理はメイドさんが手伝ってくれますし」

メイド「ええっ!?」

男「張本人がええって言ってるぞ」

少女「気のせいです」

男「すげぇな、この娘」

母「まったくね。誰がこんな風に育てたんだか」

男「なるほど」

母「ところで、その処理って私も手伝っていいのよね?」

少女「母様とメイドさんは浮気に入らないので、いいです」

母「やたっ♪ こういうの久しぶりだし、楽しみねー♪ そだ、メイドちゃんと二人がかりでってのもいいわね?」

メイド「勘弁してほしいっス! いや、かなりマジで!」


135以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 21:52:20 ID:extZDass
男「合法ロリと巨乳メイド……いける!」

メイド「いくなあーっス!」

少女「もちろん私も手伝いますよ、おにーさん?」

男「親子丼メイド添えか……いいな、いいな! 最高だな!」

メイド「ちっとも全く全然よくないっス! 奥様、どうにかしてくださいっス!」

母「あー……我が家のメイドになっちゃった時点で諦めな、メイドちゃん?」

メイド「そ、そんなぁ……っス」

男「大丈夫、優しくするよ?」モミモミ

メイド「だから、隙あらば揉むなあっス!」

少女「おにーさんおにーさん、私も揉んでください」クイクイ

母「娘に負けてなるものか! 男さん、微乳とかどう?」

男「Wつるぺたが! ここが桃源郷だったのか!」

メイド「この家の住人全員頭おかしいっス」


おわり


136以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 21:54:46 ID:extZDass
ということでどうにか終わりました。ヤッタネ!
他にも

幼馴染「…………」クイクイ
妹「猫薬?」 兄「猫薬」
犬「人間になりました」 男「そのようですね」

なんか書いてるので、暇でしたら検索してみてください。


137以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 21:56:25 ID:lenyQ/rQ



139以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 22:41:44 ID:b5AgeKY2
あなただったか 乙


140以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 22:42:39 ID:OTzKF4T2
>>136
その三つの作者か!
これも含め全部面白かった!!




142以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 01:16:24 ID:D1tGPlfA
あんただったのか!
全部読んでるぜ!
大好きだぜ!
乙なんだぜ!



143以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 02:04:46 ID:865dXBfI
あと、

男「ヤンデレっていいよな」 幼馴染「えっ?」

ってのも書いてた。忘れてた。
まあいいんだけど、一応。


145以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 10:28:25 ID:kckOFiF6
どれも読んでたな…

この独自の雰囲気…
『ぬらぬらワールド』
とでも言うべきか
もっと書きなさい♪

       乙"
      乙乙"
      乙乙乙"
( ´∀`)っ乙乙乙乙"


146以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 20:41:08 ID:QQL9RlI.
全部読んでたよ

次も楽しみにしてる



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0089IW922/hookey-22/
男・女・兄弟・姉妹などの関連記事
全ランキング

カテゴリ: 男・女・兄弟・姉妹など

テーマ: ショート・ストーリー - ジャンル: 小説・文学

[edit]

Posted on 2012/07/07 Sat. 21:01    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hookey.blog106.fc2.com/tb.php/4034-54045020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

プロフィール

最新コメント

カテゴリ

記事のつぶやきありがとうございます!

1か月ランキング

逆アクセスランキング

月別アーカイブ

あわせて読みたい

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
// -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。